東京オリンピックと水球

1900年第二回の夏季オリンピックはフランスのパリで開催されました。
オリンピック自体の歴史が浅く、運営にも相当の混乱があったと言われているこのパリオリンピックですが、水泳競技の種目のひとつである水球は、男子のみこのオリンピックから実施されています。
とても歴史のある種目なんですね。
また、女子の実施が始まったのは1900年から100年が経過した2000年第二十七回シドニーオリンピックからとなります。

水球はプールの中で行われる球技で、2チームがプール内に作られたゴールにボールを入れ、その得点数を競い合うというものになります。
チーム構成は7名です。

東京オリンピックではウォーターポロアリーナを会場にして実施されます。

プールの中での球技ということで、当然水球では水着を着用します。
他の水泳種目と異なる水着の部分として特徴的な帽子が挙げられるのではないでしょうか。
水中の格闘技とも言われるほどハードな戦いをする水球では、イヤーガードが装着されている脱げにくい帽子の着用が求められます。

強豪国はハンガリー、アメリカ、イタリア、ユーゴスラビアなどで、その中でもハンガリーは金メダルの獲得数が多くなっています。
東京オリンピックでも強豪国が熱い戦いを繰り広げてくれることでしょう。


コメントは受け付けていません